インフルエンザ予防

2019/10/03 ブログ

10月になり、消費税も変更されて戸惑っている今日。衣替えの季節なのにまだまだ30℃近くになることもあり、半袖着たり、ニット着たりタンスの前で大忙し。

病院中では10月になると、インフルエンザの予防接種の準備に入ります。今年はちゃんと薬品の流通がされるのか?料金は?予約制なのか?等々心配事や取り決め事の話題が出てきます。

ところで皆さん、予防接種って何故するのか?きちんと理解しています?

日本の予防接種は生ワクチンと不活化ワクチンの種類があります。それぞれ決まった量を接種することで病気に対しての免疫力を高めるためのものなのです。だから、予防接種したから病気にならないっていうことではありません。仮にインフルエンザになってしまった時に、重症にならずに済むようにする為のものなのです。

予防接種したからって安心しないで、日頃から予防しましょう。

まずは流行する前から出来ること、手洗いやうがいですね。

特にうがいのタイミングが大事です。口臭衛生を兼ねて、起床後まずは歯磨きしてください。寝ている間に口腔内に細菌が繁殖して、食べ物や飲み物と一緒に体内に取り込まれてしまうことで、免疫低下することがあります。歯磨きが面倒な方は、マウスウォッシュでも大丈夫。

口腔内に細菌を減らして、インフルエンザ予防につなげましょう。

流行の病気にかからない為に、まずは明日の朝からスタートしてみませんか?